ご無沙汰しております。Atsutoです。 

Twitterでは更新するよ! といっておきながら、ものの見事に音沙汰なかったのは、やはり鬱という体調不良が響いておりました……情けないものです。 

胃の方も二年ぶりに血を吐いたりして大変だったのですが、診察した結果、重いけど大したことない胃炎とのことでおくすりを頂いてます。 

ストレスマッハに悩まされて、10月も結局休んでしまいました。今は漫画や絵画へのやる気が充填されてきているので、あと、少しです。

 

 

それはさておき、肝心のアトリエはまだ確保できてません。

急がねばならないのですが、一度すべてをきれいにしたいものの、家庭内のとある事情でゴタゴタなので涙が出そうです。

父も母もボロボロです。なんとかして助けてあげたい……。 

私情はここまでですが、まず決意を表明します。 

 

 

 

私、Atsuto Shiizakiは来年から絵画活動を再開し、それまで愛用していたデジタルという手段をメインツールから離脱し、鉛筆や油絵などにシフトします(※勉強も含みます)。 

 

 

もちろん、最初は製図がてらデジタルに頼ることも多々ありますが、デジタルには原本がないため、以前から「このままでは、画家という活動は難しい」と苦痛に感じておりました。もちろん、デジタルを真っ向から否定するつもりはございません。表現が豊かな、とても良いツールです。 

しかしながら、私の描き方はしょせん油絵【チック】だったり、水彩【チック】だったりと、二番煎じな絵柄なのです。デジタルらしさはあまりないのです。これが決定打でした。ならば原本があるアナログのほうが、好きですし憧れております。 

 

もちろん、それらの勉強もしなくてはなりません。展覧会のお誘いもあるかどうかもわかりません。アトリエを確保しないといけません。課題は山積みです。 

 

だからこそ、すべてをゼロにして、再スタートを。 

 

来年からはもっと忙しくなると思います。 

もちろん、十年計画であるweb漫画や、デジタルは捨てずに、アナログに描くときの製図や、趣味の範囲でやっていくつもりです。 

こんな私ですが、応援の方何卒よろしくお願い申し上げます。来年の三月からグループ展覧会などのお誘いもあると嬉しいです……。制作の方も頑張ります。 

最後に、最近描いた絵たちです。Photoshop onlyですがやはりBrushによって作風に影響されますね。とても良いツールです。 

ではでは、本日は短めですが、失礼します。 

 

2018/10/28 

Atsuto Shiizaki 敬具