遅くなりましたが、ざっとながら Wacom Express Key Remote (※Amazonへのリンクとなります)のレビューでも。

画像を沢山Upしたいのですが、いろいろ汚いのでこの写真だけです…堪忍ね。

 

お値段-【★★☆☆☆】

確かに高性能なのですが、それでも10000 yenは正直高いと思います。

他の製品だと3000円くらいなので、せめて7000円ぐらいで販売してほしいところ。Wacomブランドというだけ仕方ないか。

X-penシリーズは持ってませんが、コスパ的にはそちらのほうがよさそうですね。

 

性能-【★★★★★】

ワイヤレスなので、当然のごとく無線です。最初は充電しないと使えません。

でも電池持ちもいいですし、Cintiq companion2で痛い目に遭った重量の問題は解決されていると思います。(もともとの諸事情は違うとはいえ…)

正直もっと重いかと思いましたが、それは杞憂で終わってよかったと思います。

左手によく馴染んで良い子です。

ホイールは今使ってるCintiq 24HD(※通称30キロ子。廃盤)と一緒なので、ぶっちゃけると24インチHDを使ってる人には不要。キーの配置もほぼ同じです。

しかしながら、ホイールがない27インチや、Proシリーズだとこのツールは必須かと。

正直なところ、ポチポチとボタンを押しながらブラシサイズを変えるのは億劫だったので、24 HDにしたのは確かですが、これで24 HDが壊れても素直に他の液タブに乗り換えられると思います。

そういえば、一応ながらCC2はそれ自体が13インチの液タブとしての役割も果たすのですが、やっぱりホイールがないとワタクシ的には物足りなかったんですよね。でもそれもこれで解決。

すごく使いやすいよ!

ただ、Amazonで他の方のレビューを見ていると、壊れやすいみたい。丁寧に使ってても突然壊れるらしい。

初期不良やこういうのにはWacomさんはもっと力をいれて改善ほしいですね。

 

総合評価-【★★★★☆】

ホイールを動かしながらブラシサイズを変えたり、回転させたり、直感的にショートカットができるのはやっぱり気持ちいいです!

デザインもなんだかんだ言われてますが、私的にはWacomブランド特有のダサさが逆に高評価でした。

 

と、まあ取次こんな感じです。

そろそろ漫画の方にもはいりたいと思います! 今回は修羅場は短いと信じたいものです。

それでは失礼します。

 

2018/08/03

Atsuto Shiizaki 敬具